So-net無料ブログ作成

子どもたちへ [日記・雑感]

「こどもの日」に再読したくなる文章がある。

 ドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」の「エピローグ3 イリューシャの葬式。石のそばでの演説」の一節だ。

 みんなに愛された「親切で勇敢な少年」の葬式の帰り道、少年が生前、「あの下に葬られたい」と言った大きな石のそばで、カラマーゾフ家の三男─宗教心のあついアリョーシャが、子どもたちに話し始める。

「みなさん、このイリューシャの石のそばで、僕たちは第一にイリューシャを、第二にお互いにみんなのことを、決して忘れないと約束しようじゃありませんか。
 ─略─
 可愛い子供たち、ことによると僕が今から言うことは、君たちにはわからないかもしれない。僕はひどくわかりにくい話をよくしますからね。だけどそれでも僕の言葉を覚えていてくれれば、そのうちいつか共感してくれるはずです」

 このあとに続く300字ほどの文章を初めて読んだときの感動は、いまも筆者の胸中にある。

「いいですか、これからの人生にとって、何か素晴らしい思い出、それも特に子供のころ、親の家にいるころに作られた素晴らしい思い出ほど、その後の一生にとって大切で、力強く、健全で、有益なものはないのです。

 君たちは教育についていろいろ話してもらうでしょうが、少年時代から大事にしてきた、美しい神聖な思い出こそ、おそらく、最良の教育にほかならないのです。

 そういう思い出をたくさん集めて人生を作りあげるなら、その人はその後一生、救われるでしょう。

 たとえ一つでもよい思い出が残っていれば、いつかはそれがぼくらを救ってくれるのです」

 なにか人のふんどしで相撲をとるようで気がひけたが、原卓也訳(新潮世界文学全集)と亀山郁夫訳(光文社文庫)を読み合わせてリライトした。

 どうか、子どもたちによい思い出を─。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。