So-net無料ブログ作成

りんごの皮 [健康小文]

りんごの皮には栄養たっぷり!

りんごの皮には、3種類のポリフェノールが含まれています。

その名も、りんごポリフェノール!

1 プロシアニジン

りんごに特に多く含まれ、強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑制し、血流を改善します。

その効能は、アンチエイジング、コレステロールや中性脂肪の低下、アレルギーの改善、抗がん作用、白内障予防、美白効果や、育毛作用まであります。

2 エピカテキン

こちらも抗酸化作用が高く、活性酸素を除去し、血管を若返らせてくれます。

その効能は、高血圧や動脈硬化、ガンなどの生活習慣病を予防します。

お茶に含まれているカテキンも、このエピカテキンが、加熱処理によって形を変えたものですが、りんごの皮に含まれるエピカテキンは、お茶よりも多く、威力も大きいのです。

3 アントシアニン

ブルーベリーでもお馴染み、アントシアニンは、植物が紫外線から身を守るために、蓄える成分で、視力の改善や眼精疲労の予防、白内障、緑内障などの眼病を予防します。

メタボや花粉症も、予防します。

りんごを切っておいておくと、切り口から茶色く変色していきますよね。

あれは、ポリフェノールが、空気中の酸素と結合して起こる現象なのです。

3種類のポリフェノールの他にも、こんなにたくさんの栄養が!

ペクチン

「りんごペクチン」と呼ばれ、皮と実の間に多く含まれる、水溶性食物繊維です。

優れたデトックス効果があり、コレステロール値を低下させ、血糖値の上昇を抑え、整腸作用や、内臓脂肪を分解する作用があります。

疲労回復効果や、便秘や下痢を解消し、抗がん作用なども期待できます。

カリウム

体内の余分な塩分を排泄し、高血圧や動脈硬化などを予防、利尿作用があり、むくみを解消します。

筋肉痛や痙攣を予防します。

果実よりも、皮の方に多く含まれている、これらの成分は、加熱したり、すりおろしたりしても、失われることはありません。

りんごは皮付きの方が、見た目もきれいですし、りんごの赤が食欲をそそります。

りんごを食べる時は是非、皮ごと調理してみてください。

まるごと焼きりんごも、美味しいですよ。

りんごの皮の、ワックスや農薬が気になるっていう方も、多いのではないでしょうか。

でも、安心してください。

表面のテカテカは、ワックスではなく、りんご自身が、乾燥を防ぐため出している成分、「リノール酸」や「オレイン酸」です。

体に悪いどころか、悪玉コレステロールを減らすなど、栄養価の高い成分です。

白い粉も、残留農薬やカビではなく、りんご自身が、乾燥や病気から守る為に出す、ブルームという物質です。

いずれも、食べても問題はありません。

りんごは、無農薬での栽培は、とても難しいとされています。

しかし、国産のりんごは、厳しい検査を受けています。

しっかり水洗いしていれば、なにも問題はありません。

それでも気になる場合は、塩水につけたり、酢水で洗うと、農薬を除去することができます。

また、重曹を溶かした水に、しばらく浸けた後、よく洗い流すという方法もあります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。